2012年4月28日-「難民起業家」を育てる/日経新聞

2012年4月28日の日経新聞で、難民支援協会(JAR)が立ち上げに関わってきた「難民起業サポートファンド(ESPRE)」事務局長吉山昌のインタビュー記事が掲載されました。

(概要)
吉山は、JARの設立当初から、経営コンサルタント会社に勤める傍ら、ボランティアとして活動に関わってきた。昨年5月、仕事を辞め、専任でJARの活動に従事している。

日本に逃れてきた難民の中には、本国でエンジニアや弁護士など専門的な職業だった人もいるが、日本では、低賃金で不安定な仕事しかない。「難民起業サポートファンド(ESPRE)」は、そんな状況にいる難民に対して、起業を通じた自立を支援する日本初のマイクロファイナンスを行う公益社団法人である。