本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > [緊急支援速報]2011年6月20日-外国籍女性、再就職へ一歩/河北新報社

メディア掲載 : 新聞記事

[緊急支援速報]2011年6月20日-外国籍女性、再就職へ一歩/河北新報社

6月20日付けの河北新報社で、難民支援協会(JAR)が取り組んでいる、東日本大震災で職を失った外国籍女性たちを対象に、ホームヘルパー2級取得を目指す就労支援の様子が紹介されました。

参加しているのは、みな、日本の男性と結婚し、子どもを持つ女性たち。主に、フィリピン出身の方々です。資格取得を目指し、JARは東京から日本指導者を招き、第一回勉強会のを開催しました。女性たちは、「母国には帰らない。日本での生活を建て直す。」と歩みだしています。記事では、「ニーズに合わせて就労の選択肢を広げられれば」というJARスタッフのコメントが掲載されています。

4月16日 気仙沼在住フィリピン女性のグループを訪問しました
5月6日 大船渡在住フィリピン女性グループを訪問しました

(2011年6月20日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。