本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2011年3月18日-在日難民の心つむぐ、伝統レース編み/読売新聞

メディア掲載 : 新聞記事

2011年3月18日-在日難民の心つむぐ、伝統レース編み/読売新聞

本日からプランタン銀座で期間限定販売されるオヤに関する記事です。

今回販売するオヤは、クルド難民女性の自立支援プロジェクトを通じて立ち上げた「Azadi(アザディ=クルド語で平和・自由の意味)」というオリジナルブランドです。
母から娘へ受け継がれる伝統のレース編みであるオヤ。クルド女性にとって自分の気持ちを素直に表現する大切な手段でもあります。

ぜひ、多くの皆さまにご覧いただき、オヤに込められた気持ちを感じていただければと思います。

*記事は一定期間からこちらからご覧いただけます。

(2011年3月18日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。