本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2010年12月28日-中日新聞にJARスタッフのコメントが掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2010年12月28日-中日新聞にJARスタッフのコメントが掲載されました

12月28日付けの中日新聞に、名古屋における難民の状況が取り上げられ、JARスタッフのコメントが掲載されました。

記事では、東海地方で暮らす難民を経済的に支えようと、支援者らが「名古屋難民支援基金」を設立したことが紹介されています。

スタッフは、「難民申請者の半数は非正規滞在による強制退去処分からの仮放免で審査結果を待っている。平均2年かかる審査期間は、困窮した生活を余儀なくされる。就労は基本的にはできないが、危険な仕事に就くケースもある」という難民のおかれた厳しい現状を述べています。

*詳細は、一定期間こちらご覧いただけます。

(2010年12月28日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。