2010年9月21日-公明新聞に事務局長石川えりのコメントが掲載されました

9月21日付けの公明新聞の、第三国定住による難民受入れの課題についての記事に、事務局長石川えりのコメントが掲載されました。石川は、定住支援に関して、難民に寄り添って悩みを聞き、きめ細かなサポート体制が必要であると述べています。また、第三国定住制度については、政府は、これまでの難民政策で得た教訓を生かし、どういう状態と成功とするのか、指標を明確にする議論をすべきだと指摘しています。