本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2010年4月27日-共同通信配信記事に、難民への心のケアに関する記事が掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2010年4月27日-共同通信配信記事に、難民への心のケアに関する記事が掲載されました

共同通信の配信により、4月18日付けの千葉日報と27日付けの佐賀新聞に、それぞれ「増える難民申請に支援手薄 心のケアに医療必要」、「増える難民 支援手薄 孤立防ぎ心のケアを」と題し、難民申請者の心のケアについての記事が掲載されました。

記事では主に、3月に福島県福島市で開催された、多文化間精神医学会によるシンポジウム「彷徨する難民申請者のこころと支援」の内容について触れられ、カナダの事例とともに日本の現状についてが紹介されました。

難民支援協会(JAR)職員・櫻井も、難民の置かれている生活状況について報告をし、記事内でも昨年の「保護費」不足の件についてが説明されています。また、他専門家の方々からは、重い精神疾患を抱えている難民が多くいることや、支援充実の必要性についてがコメントされました。

(2010年4月27日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。