2010年3月19日-毎日新聞に職員のコメントが掲載されました

3月19日付けの毎日新聞中部版に、難民支援協会(JAR)職員のコメントが掲載されました。

掲載されたのは、「国と国のはざまで ?在留資格なき無国籍者」というシリーズの1つ。日本にいるベトナム難民2世の収容について書かれており、それに対してJARの鹿島美穂子が、「無国籍で退去にできない人を無期限収容することは問題だ」と指摘しています。また、法務省以外の機関へも異議申し立てができるような制度が必要、ともコメントしました。