2009年8月27日-東京新聞に事務局長が掲載されました

8月27日の東京新聞夕刊に、難民支援協会(JAR)事務局長石川えりが掲載されました。

「私の選択」という欄で、石川は、日本へ逃れてきた難民多くが難民申請中は働くこともできず、生活保護も受けられないという厳しい現実について語り、難民申請者が結果を待つ間のセーフティーネットがないことを説明しています。

また、米英などの難民受入国と日本を比較し、日本の受入数の少なさや、難民受け入れに対する日本政府の「戦略」不足を指摘。次期政権に難民保護への長期的な戦略を期待していると述べました。