2009年2月23日―館林での支援活動について共同通信に掲載されました

2009年2月23日

難民支援協会は、2月9日に引き続き、23日にも群馬県館林市を訪れ、同市に集住するビルマ(ミャンマー)の少数民族・ロヒンギャの難民の人々への聞き取り調査を行いました。その様子が共同通信の記事「館林市でミャンマー難民の相談会 『仕事なくどうすれば』」で取り上げられました。