本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2009年2月1日 - Daily Yomiuriに掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2009年2月1日 - Daily Yomiuriに掲載されました

2009年2月1日のDaily Yomiuri "Japan's Changing Refugee Policy Deserves Praise"の一部に、難民支援協会が取り上げられました。記事は、国連難民高等弁務官(UNHCR)の第10代駐日代表、ヨハン・セルス氏の寄稿です。

記事には日本の難民政策がいかに良い方向へ変化していったかが述べられており、難民受け入れ開始時と比べると、難民認定者の数も増えたことが指摘されています。また、日本政府が第三国定住を始めることについても、好意的な意見が述べられています。
ただし、ここ数年の難民申請者数の急増により、難民支援協会を含めた支援団体らの支援体制が難局を迎えていること、そしてこうしたことを受け、更なる難民政策の改善の重要性が指摘されています。

(2009年2月13日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。