本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2008月11月8日ー読売新聞に掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2008月11月8日ー読売新聞に掲載されました

2008年11月8日の読売新聞で難民支援協会の広報担当鹿島美穂子のコメントが紹介されました。記事は、東京でエチオピア人が近年増加し、コミュニティが形成されつつあることを取り上げたものです。記事では、東京都によると都内に外国人登録しているエチオピア人は1月時点で122人、一昨年より34人増であり、難民支援協会には今年新たなエチオピア人相談者が30?40人となっていることが紹介されています。
難民申請中のエチオピア出身難民の心情や「問題が起きたら相談先を紹介するなど、地域との橋渡し役となる人が必要」という鹿島のコメントが取り上げられています。

(2008年11月8日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。