本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2008年9月29日―読売新聞(大阪)1面「難民申請1000人突破」に掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2008年9月29日―読売新聞(大阪)1面「難民申請1000人突破」に掲載されました

2008年9月29日

読売新聞大阪版9月29日の1面に「今年の難民認定申請者は9月上旬までで、すでに1015人にのぼり、難民認定制度が始まった1982年以降、年間申請者が初めて1000人を突破したことが、NPO法人『難民支援協会』(東京)の調査でわかった。」として、取り上げられました。

記事では、急増の背景のほか、影響として審査期間の長期化について指摘され、「米国のように、6ヶ月以上審査待ちの申請者には就労許可を与えるなど、国は柔軟に対応すべきだ」との当協会のコメントも紹介されております。

なお、難民支援協会が9月19日に発表した「日本での難民申請数 初の1000人突破に関するリリース」はこちらからご覧下さい。

(2008年9月29日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。