本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 2008年9月29日―東京新聞「日本で難民申請急増」に掲載されました

メディア掲載 : 新聞記事

2008年9月29日―東京新聞「日本で難民申請急増」に掲載されました

2008年9月29日

東京新聞の9月29日28面の特集「こちら特報部」にて、当協会が取り上げられました。
記事では、日本での難民申請が、「難民支援協会(東京)の集計によると、今年1月から9月上旬までに1000人を突破」として、どのような変化や背景があったかについて触れられています。それによると、5月下旬に開かれたアフリカ開発会議により、日本のアフリカへの援助姿勢が強調され、難民受入れに積極的なメッセージが伝わったのではないか、エチオピアなどのアフリカ諸国やミャンマー(ビルマ)、スリランカなど、政情不安定化の影響が背景として考えられるのではないかとされています。

また、申請数の急増により、審査期間の長期化、特にその間の生活保障がないことについても触れられ、末尾に事務局長石川えりの「少なくとも申請期間の生活保障や健康保険加入、一定期間経過後の就労の許可は与えてほしい」とのコメントが引用されています。

なお、難民支援協会が9月19日に発表した「日本での難民申請数 初の1000人突破に関するリリース」はこちらからご覧下さい。

(2008年9月29日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。