本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 雑誌・ニュースレター  > 日本の難民2100人超で緊急支援呼びかけ、路上生活を余儀なくされる難民も/Alterna

メディア掲載 : 雑誌・ニュースレター

日本の難民2100人超で緊急支援呼びかけ、路上生活を余儀なくされる難民も/Alterna

ソーシャルビジネスマガジン「Alterna(オルタナ)」で、JARのニュースリリースが紹介されました。
※記事は、一定期間こちらからご覧いただけます。

<概要>
申請者急増にあたり、難民支援協会への新規来訪者は、11月末時点で、過去最多の2011年の年間実績を2割上回り、415人に達した。8月以降は毎月の来訪者数が100人を超えている。事務所を訪れる難民の半分は、アフリカ出身。来日直後の難民にとっては、日本で過ごす初めての寒い冬だ。今年の冬を乗り越えるため、難民支援協会では寄付や物品寄贈を呼びかけている。

増え続ける難民を支援するためのご寄付はこちらから


(2012年12月19日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。