2012年1月12日-孤立しがちな難民の女性たち/クロワッサン

1月25日号(第36巻、第2号)の雑誌「クロワッサン」で、クルド難民の女性を対象に、オヤを通じた自立支援プロジェクトが取り上げられました。(目次、p.5)

コラム「あなたに伝えたい」の中で、元・UNHCR(国連難民高等弁務官)職員の根本かおるさんが、難民支援協会(JAR)の支援活動について言及し、「孤立しがちな難民の女性たち。その存在を知ってほしい」と述べています。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

*次回オヤカフェのご案内はこちらから。