本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 雑誌・ニュースレター  > 2011年11月 - ミャンマー難民第三国定住プログラム 成功のカギは地域との融合(JAR石井宏明)/外交専門誌「外交」

メディア掲載 : 雑誌・ニュースレター

2011年11月 - ミャンマー難民第三国定住プログラム 成功のカギは地域との融合(JAR石井宏明)/外交専門誌「外交」

外交専門誌「外交」のvol.10に、難民支援協会(JAR)常任理事の石井宏明の執筆が掲載されました。(p.122 - 129)

難民の受け入れに消極的だとされていた日本が始めた新たな試みである第三国定住プログラム。未知の日本で定着するには、より多くのアクターの有機的連携が不可欠だと主張しています。

記事では、第一陣受け入れで浮き彫りになった課題や、今後に向けた具体的な提案も述べています。書店で販売しております。ぜひご一読ください。

---
外交  vol.10  特集『「和詣」後の中国』
定価: 809円+税
編集: 「外交」編集委員会
発売: 都市出版株式会社
---


(2011年12月5日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。