「資金集めのためのワークブック」作成に参加

日本財団の助成を受け、NPO法人シーズが主体となり取り組んだ「資金集めのためのワークショップ」の作成に、難民支援協会の石井宏明がメンバーとして参加しました。

ファンドレイジングは、NPOが持続した活動を行うためには、取り組むべき重要な課題です。個人のスキルに頼るのではなく、みんなで取り組むという「組織的なファンドレイジング」の重要性を述べています。一方で、人手がいないという多くの団体の現実をふまえ、ひとりでも始められるファンドレイジングのステップをわかりやすくまとめています。