2009年10月-「新宿小町」に掲載されました

特定非営利活動法人コミュニティプレスが発行している「新宿小町」のVol.2に、難民支援協会(JAR)が掲載されました。

「難民が、住民として地域のコミュニティに参加する試みもサポート!!」と題し、外国人住民の割合の多い新宿区内に事務所を構えるJARが取り上げられ、職員であり理事でもある石井宏明がJARの活動を紹介しています。

活動紹介以外にも、例えば新宿区に多く住んでいるビルマ(ミャンマー)難民が、地域社会に溶け込み共生していけるよう、そして地震などの際にも適切に対応できるようサポートもしていきたい、といった話も掲載されています。