本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 雑誌・ニュースレター  > 2008年12月ー雑誌B&GNetworkの市民参加に関する記事で取り上げられました

メディア掲載 : 雑誌・ニュースレター

2008年12月ー雑誌B&GNetworkの市民参加に関する記事で取り上げられました

B&G Network 2008年冬号(vol.17)の「特集 国を超えた交流を!」の中で、難民支援協会が紹介されました(8-9ページ)。

「もっと多くのミドル世代、専門家、リタイア組の支援参加が大きな力になる」という見出しで、日本での難民の状況や世界との比較などのほか、日本で実際に認定されて、農学の博士号を取った難民の方のストーリーも紹介されています。
「難民は財産である」とは、ニュージーランドのあるNGOの方の言葉ですが、そういったたくさんの可能性を秘めている難民を少し後押しすることで大きなものを私たちにもたらしてくれる可能性があります。そういった支援に、様々なお立場から、それぞれのご経験を生かして関わってほしいという難民支援協会のメッセージが取り上げられています。企業の社会貢献活動や、個人でも不動産業を営む方や弁護士、看護師、教員などの専門家のほか、一般的な社会人であっても仕事の中でしっかりした文章を書く訓練ができている方は多く、人生経験の豊富な世代にももっと参加してほしいと書かれています。

雑誌の詳細についてはこちらからご覧下さい。

(2008年12月15日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。