2008年3月 - 当協会が、犬養道子基金創設者である作家・犬養道子さんの著書「歴史随想パッチワーク」の中で紹介されました。

難民支援協会(JAR)が、犬養道子基金創設者である作家・犬養道子さんの著書「歴史随想パッチワーク」(中央公論新社、2008年3月発行)の中で紹介されました(292ページから)。JARがどんな支援をしているかが簡潔に説明されています。

犬養道子基金には、JARが支援していた難民2名の大学・大学院の奨学金支援の面で連携をしており、そのうち1名が2008年3月12日に酪農学園大学(北海道)から農学の博士号を取得しています(詳細は「ソマリア出身の難民、博士号取得」をご覧下さい。)。