本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 ウェブサイト  > もし日本人が「難民」になったら・・・新作映画「さようなら」を通して考える「難民問題」/BLOGOS

メディア掲載

もし日本人が「難民」になったら・・・新作映画「さようなら」を通して考える「難民問題」/BLOGOS

11月20日のBLOGOSにて、先日開催された映画「さようなら」の試写会とシンポジウムについて掲載されました。難民支援協会(JAR)広報部コーディネーターの田中志穂が登壇し、映画を通して日本の難民問題についてコメントしました。
*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2015年11月20日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷