共生 相互理解への取り組み/読売新聞(群馬)

11月6日(金)の読売新聞(群馬)において、群馬県・館林市に暮らすロヒンギャ難民について取り上げられました。地域の一員として自立して暮らせるよう、市や地域住民がサポートする取り組みが掲載されています。難民が暮らしやすい社会を作るため、国と地域の連携の重要性も指摘されています。