本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 テレビ・ラジオ  > 去年の難民申請5000人 認定わずか11人/NHKニュース

メディア掲載

去年の難民申請5000人 認定わずか11人/NHKニュース

3月12日のNHKニュースで、2014年の日本の難民認定数について取り上げられました。認定数はわずか11人という結果に対する難民支援協会(JAR)代表理事 石川えりのコメント「日本は難民の定義が狭く捉えられ、認定の基準が厳しく、先進国の中でも認定される数が極めて少ない。本来難民として保護されるべきなのに、適切に保護されていない人たちがいるのではないかと強く懸念している」も紹介されました。

*ニュースは一定期間、こちらからご覧いただけます

*同様のニュースが各社により報道されています。
難民申請5千人、過去最高を更新 認定わずか11人/朝日新聞
難民認定申請、最多の5千件...前年比53%増/読売新聞
難民認定申請:過去最多の5000人 認定は11人/毎日新聞
Japan accepts just 11 asylum seekers from record 5,000 applying in 2014/Reuters

(2015年3月12日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷