Home away from home: the plight of refugees in Japan/The Japan Times

2015年1月17日のThe Japan Timesにて、日本に逃れてきた難民が置かれた状況と、難民支援協会(JAR)が紹介されました。2008年より難民申請をするアフリカ出身の男性の事例を通じて、日本の難民受け入れ制度の課題が指摘されています。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。