本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > その他お知らせ  > 新型コロナウイルスへの当会の対応 / JAR's Policy in Regard to the New Coronavirus

その他お知らせ

新型コロナウイルスへの当会の対応 /
JAR's Policy in Regard to the New Coronavirus

English

新型コロナウイルスへの当会の対応

作成 2020年2月27日

平素より、当会をご支援くださり、誠にありがとうございます。
当会では、新型コロナウイルスに関して感染拡大を防止するため、3月2日(月)よりスタッフのリモート勤務を積極的に導入し、事務所への出勤人数を減らすなどの対応を行います。
この対応に伴い、以下のとおり各種業務に影響が出ることが想定されますが、どうかご理解の程、お願いいたします。

1. 難民の方々への対応について

  • 事務所での相談業務は継続いたします。
  • ただし、スタッフの出勤数を減らすため、対応内容や人数に制限がかかる可能性があります。
  • 新型コロナウィルスへの対策等の情報は、メールやSNS等でも、難民の方々向けに配信いたします。

2. 支援者および関係者の皆様への対応について

  • 当面、事務所の営業を続けます。ただし、木曜日は全スタッフがリモート勤務となるため、電話は自動応答とさせていただく予定です。
  • その他の曜日についても、電話での対応等に影響が出る可能性がありますので、可能な場合には、ご連絡は問い合わせフォームまたはメール(info@refugee.or.jp)でお願いいたします。
  • 物資の寄贈は、当面の間、受付を中止いたします。
  • スタッフと外部の皆様との会合については、可能な場合にはオンラインでの実施をお願いしております。また、100名以上参加する外部のイベント等への出席を控えております。

3. ボランティアの皆様へ

  • 当面、ボランティアの皆様に依頼している業務を停止します。再開する際には改めてご連絡いたします。

4. その他

  • 3月末に実施を予定していた難民アシスタント養成講座を中止しました。
  • 事務所、相談室の清掃・消毒を定期的に実施し、またスタッフや来訪される方々に手の消毒もお願いしています。

状況の変化に伴い、対応を変更する場合には、改めてご案内いたします。

以上


JAR's Policy in Regard to the New Coronavirus

February 27, 2020

We thank you for your continued support.
In order to prevent the spread of the new coronavirus at our office, we will implement several measures including reduction of the number of staff who report to the office each day by implementing a remote work system, effective March 2 (Monday).
As a result of these measures, it is expected that activities will be affected in the following manner. We ask for your understanding and cooperation.

1. Interaction with our clients (refugees / people who seek asylum)

  • We will continue counselling in the office.
  • However, because the number of staff in the office will be reduced, there is a possibility that the content of interaction and/or the number of people to be taken care of will be limited.
  • Information about policies on the new coronavirus will be communicated with regard for our clients via e-mail and SNS.

2. Interaction with supporters and others concerned

  • For the time being, work in the office will continue. However, because Thursday will be a remote workday for all staff, it is planned for telephones will be set to automatic response.
  • There is a possibility that telephone response will be affected on other days as well. When possible, please contact by e-mail (info@refugee.or.jp).
  • For the meantime, we are halting reception of physical donations.
  • We are asking that meetings between staff and outsiders be performed online whenever possible. We are refraining from participation in events where more than 100 people will be in attendance.

3. To our volunteers

  • For the time being, we will be halting activities which are entrusted to volunteers. We will send out a notice again when we re-continue these activities.

4. Other

  • The Refugee Assistant Training Seminar scheduled for the end of March is cancelled.
  • We will periodically clean and sanitize the office and counselling rooms. The staff and visitors to the office will be asked to sanitize their hands.

When there are changes to the situation, or there are changes to our policy in regard to the situation, we will make the proper notification.

(2020年2月27日掲載)