国連、日本の難民認定改革案に懸念 制度の改善求める/朝日新聞

7月25日(土)の朝日新聞で、より厳格な審査などを盛り込んだ法務省の新たな出入国管理基本計画案に対し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がパブリックコメントを提出したことが取り上げられました。UNHCRが日本政府の難民認定制度に関してパブリックコメントを提出するのは初めてとのこと。パブリックコメントではより公正な保護制度や保護に関する業務を担う専門部局の設立を求めています。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。