本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > APRRN Calls for Immediate Review of Japan's Domestic Refugee Protection Systems/アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)

注目の難民ニュース

APRRN Calls for Immediate Review of Japan's Domestic Refugee Protection Systems/アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)

Asia Pacific Refugee Rights Network(APRRN) issued a statement regarding the Japanese refugee protection. In the statement APRRN calls for immediate review of Japan's domestic refugee protection systems.

*For details, please click here.

2014年4月18日にアジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)が日本の難民認定制度に関する声明を発表しました。低い難民認定率、長期にわたる難民認定手続き、シリア難民が日本では難民認定されていない点、収容施設での難民申請者の死亡事件などについて深い懸念を表明し、早急な制度の見直しや国際社会との協調、死亡事件の調査などを求めています。

*声明の日本語訳はこちらから

(2014年4月18日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷