本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 難民:ルワンダ人を初認定...名古屋入管、異議で一転

注目の難民ニュース

難民:ルワンダ人を初認定...名古屋入管、異議で一転

9月27日付の毎日新聞で、名古屋在住のルワンダ男性(32)が、名古屋入国管理局から難民認定されたことが報道されました。
*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(概要)
男性は、ルワンダ南部出身のツチ族。祖国の内戦時にフツ族からの迫害を受け、2005年に来日した。名古屋入管は、2010年の一次審査では難民認定せず、男性が申し立てた異議審査で認定した。日本では初めてのルワンダ難民認定に、「日本政府がルワンダ政府の危険性をようやく理解したのかもしれない」と、男性の支援者は語る。

(2012年9月27日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷