法務省発表「平成23年における難民認定者数等について」

2月24日、法務省入国管理局より、「平成23年(2011年)における難民認定者数等について」が発表されました。

それによると、難民申請数は1,867人(前年比665人増加、約1.6倍)、難民として認定されたのは21人(前年比18人減少。うち14人は異議申立手続における認定)となっています。また、難民と認定されなかったものの、人道的な配慮により在留が認められたのは248人(前年比115減少)となっています。

その他、発表資料は以下のとおりです。詳細は法務省のウェブサイトよりご覧いただけます。

[難民認定申請者数] 1,867人(内訳:ミャンマー(ビルマ)491人、ネパール251人、トルコ234人、スリランカ224人、パキスタン169、ほか498人)
[認定数] 21人(内訳:ミャンマー18人、ほか3人)
[人道配慮による在留許可数] 248人(内訳:ミャンマー196人、ほか52人)

■手続別
一次審査


異議申立て(二次審査)


■仮滞在