本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 2011年10月9日 - 第三国定住制度:13年以降も延長・継続へ/毎日新聞

注目の難民ニュース

2011年10月9日 - 第三国定住制度:13年以降も延長・継続へ/毎日新聞

10月9日付けの毎日新聞で、中川正春文部科学相が、難民問題をテーマにした東京都内のイベントで、日本政府が12年まで難民90人を受け入れる予定の第三国定住制度を、13年以降も延長・継続する方針を明らかにしたことが伝えられました。

日本政府は昨秋から今年9月末まで、タイに避難したミャンマー難民計45人を受け入れました。中川文科相は、日本の難民政策を「世界的に見れば自慢はできない。もっとオープンにすることが大事だ。(難民を支援する)NGOや雇用する会社、農家の人と協力していきたい。第三国定住制度は延長することが決まった」と述べています。

*詳細は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年10月18日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷