本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 2011年9月28日-Citing harsh conditions, Myanmar refugee families refuse farm work/The Japan Times

注目の難民ニュース

2011年9月28日-Citing harsh conditions, Myanmar refugee families refuse farm work/The Japan Times

9月28日のThe Japan Timesで、第三国定住で昨年来日したミャンマー(ビルマ)難民の2家族が、長時間労働と低賃金を理由に、一度働きはじめた千葉の農場を辞め、新たな職場を探していることが取り上げられました。

支援している弁護団は、外務省に対して、第三国定住難民に対する、就労支援プログラムの改善が急務であると訴えています。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年9月28日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷