本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 2011年9月15日-ミャンマー難民2家族8人、来日辞退 第三国定住制度/朝日新聞

注目の難民ニュース

2011年9月15日-ミャンマー難民2家族8人、来日辞退 第三国定住制度/朝日新聞

9月15日付の朝日新聞で、第三国定住制度で、9月末に来日予定だった6家族26人のうち2家族8人が来日を辞退したことが報道されました。

「日本での生活が不安」などと理由を説明しているが、出発まで半月を切っており、追加募集は困難とのこと。

第1陣は日本での研修期間を終えて今春から三重、千葉両県で暮らし始めました。老朽化した住宅や労働条件などに不満が出ており、事前研修中だった第2陣にも国際電話を通じて、その状況が伝わっていましたとういことです。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年9月15日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷