本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > [緊急支援速報]2011年4月11日-日本で暮らすミャンマー難民が義援金 /TBS News

注目の難民ニュース

[緊急支援速報]2011年4月11日-日本で暮らすミャンマー難民が義援金 /TBS News

4月11日のTBS Newsで、母国の迫害を逃れて日本で暮らすミャンマー難民の人たちが参議院議員会館を訪れ、「被災者のために役立てて欲しい」と20万円の義援金を寄付したことが取り上げられました。

宮城県塩釜市出身の民主党・今野東議員のもとを訪れたのは、ミャンマーの軍事政権による迫害を逃れ、日本で暮らす難民の人たちです。震災から1か月となった11日、およそ10人がこれまでの貯金や飲食店などでの仕事で得たお金を持ち寄り、義援金として20万円を寄付しました。

今回の寄付活動に関わった一人ウィンさん(36)は、7年前、日本に逃れてきました。難民を対象とする推薦入試に合格し、現在は、関西学院大学に通っています。「勉強を再開できたのも日本のおかげ。(日本は)第二の母国と思いますから。日本が困っている時には日本のために何かしてあげなきゃと思って」と、話しています。

*記事(動画)は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年4月12日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷