本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > [緊急支援速報]2011年4月11日-陸前高田 ミャンマーの味で激励 在日の有志/岩手日報

注目の難民ニュース

[緊急支援速報]2011年4月11日-陸前高田 ミャンマーの味で激励 在日の有志/岩手日報

在日ミャンマー(ビルマ)人有志15人が、9日、陸前高田市矢作町の下矢作コミュニティーセンターでミャンマー料理の炊き出しを行ったことが取り上げられました。

提供した料理は、チャタアルヒン(鶏肉、ニンジン、ダイコン、ジャガイモ入りスープカレー)やチョウヒン(ゆで卵のトマト炒め)、プチケーキなど6品。日本の人好みに味付けされた料理、300食分を用意しました。「普段食べたことのない料理を食べて元気を出してほしい」とミャンマーの人たちの願いとともに、被災地で振舞われたということです。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年4月11日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷