本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 2011年2月28日- "難民を農業に" 定住化検討/NHKニュース

注目の難民ニュース

2011年2月28日- "難民を農業に" 定住化検討/NHKニュース

2月28日付けのNHKニュースで、過疎化と農業の担い手不足に対応するため、広島県の神石高原町が、日本にきた難民を対象に農業研修を行い、町への定住に向けた受け入れを検討することになったことが報道されました。

神石高原町は、65歳以上の高齢者が住民の42%を占めるなど、高齢化と過疎化が進んで農業の担い手不足が深刻になっています。関係者によると、東南アジアなどで迫害を受けて日本に逃れてきた難民を町に招いて農業研修を行い、農業の従事者として定住を図れないか検討することを決めました。

関東地方などで暮らしていて農業への意欲がある難民を3人程度募り、今年夏ごろ、廃校となった学校の校舎に2週間ほど宿泊しながら、農家の指導を受けてコメや野菜作りに取り組むということです。神石高原町の牧野雄光町長は「過疎対策と同時に、国際貢献のためにも定住につなげられないか、町民の理解を得ながら見極めたい」と話しています。

また、過疎化に悩む自治体が難民の受け入れを検討するのは、ほとんど例がないということです。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2011年2月28日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷