「出入国管理における収容問題等協議会(仮称)」の設置に関して法務省と日弁連が合意しました。

日本弁護士連合会と法務省(入国管理局)は、入管の出入国管理行政における収容にまつわる諸問題について、より望ましい状況を実現するための方策等の協議の場を持つとともに、被収容者に対する法律相談等の取組をともに促進するなどの合意に至りました。

詳細はこちら
日弁連コメント
法務省報道発表