2010年8月5日-難民申請保護費、二回目は不支給、予算不足で外務省(共同通信)

8月5日、共同通信により、外務省は、「難民申請保護費」予算不足で、申請が二回目以降になる人への支給を打ち切っていたと報道されました。

難民申請者数が前年から倍増している中、このまま支給を続ければ足りなくなると見通し、「限られた予算で、本当に必要とする人を支援するには、対象を絞らざるを得ない」(外務省人権人道課)と判断したと伝えています。

一方で、申請を繰り返し、やっと難民認定されるケースもあり、支援者は反発しています。保護費をめぐっては昨年も、外務省が予算の逼迫(ひっぱく)から支給対象を一時制限し、収入源を失いホームレス状態になる難民申請者が相次いだと報道しています。

記事は下記ページよりご覧になれます。
共同通信 47NEWS: 難民申請保護費、2回目は不支給 予算不足で外務省
※URL変更などによりリンクが切れる場合がございます。