本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 2010年7月30日-退去強制令書により収容する者の仮放免に関する検証等について(法務省)

注目の難民ニュース

2010年7月30日-退去強制令書により収容する者の仮放免に関する検証等について(法務省)

7月30日付けで、法務省入国管理局より「退去強制令書により収容する者の仮放免に関する検証等について」と題されたプレスリリースが出されました。

このプレスリリースによると、退去強制令書が出されてから長期間の収容が継続されている被収容者について、今後、一定期間ごとにその仮放免の必要性・相当性を検証・検討すること、そして個々の事情によっては仮放免を弾力的に活用するとのことです。

これは、近年、被収容者の収容期間が長期化する傾向にあることに対する取り組みだと、プレスリリースに書かれています。

プレスリリース全文は、法務省のページをご覧ください。

(2010年7月30日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷