本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 難民のラッパーが歌う、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会公式ソング!

注目の難民ニュース

難民のラッパーが歌う、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会公式ソング!

2010年6月に開幕した、アフリカでの初開催となったFIFAワールドカップ南アフリカ大会。今回の南アフリカ大会で公式ソング"Wavin' Flag"を歌うK'Naan(ケイナーン)というラッパー、そして実は彼が難民だということを皆さんはご存知でしょうか。

彼は、祖国ソマリアから13歳の時に、内戦を逃れるために出国。アメリカに逃れ、後にカナダへ移住し、現在はカナダ・トロントを拠点にラッパーとして活動をしています。

身の危険から逃れることはできたものの、内戦を経験した彼の心の傷は深く、長い間心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しめられたそうです。そんな彼を救ったのが音楽でした。そういうこともあってか、彼の曲には平和へのメッセージを込めた楽曲が多く、今回も「音楽を通じて一瞬でも世界が一つになり、苦しみを忘れる時をつくりたい」という思いが込められているそうです。

日本に逃れてきた難民たちもまた、彼のように活躍できるよう、難民支援協会(JAR)は支援していきたいと思います。

K'Naanについて:
公式ウェブサイト
ユニバーサルミュージック
コカ・コーラ FIFAワールドカップ サポーターズパーク コカ・コーラ FIFAワールドカップ オフィシャルソング

(2010年6月14日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。