本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 民主党「政策INDEX2008」における難民保護に関する政策

注目の難民ニュース

民主党「政策INDEX2008」における難民保護に関する政策

民主党の政策議論の到達点を10月1日現在で収録した「民主党政策INDEX2008」(2008年10月発行)13ページに難民保護に関する記述があります。

「難民認定委員会の創設・難民の生活支援」

 先進国中もっとも冷たく厳しいといわれる日本の入管・難民認定行政、難民への生活支援、難民申請者への処遇を改めるため、「難民等の保護に関する法律」の制定を目指します。
 わが国が1981年に批准した難民条約の趣旨にのっとり適正かつ迅速な難民認定を行うために、難民認定行政を法務省から切り離し、内閣府外局に難民認定委員会を設置するとともに、在留難民等の生活を支援する制度を構築します。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が認定した難民は、原則として受け入れることとします。

(2008年10月15日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷