本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ボランティア  > 街頭募金を行いました

街頭募金を行いました

緊急支援のお願いの一環として、12月21日の昼と25日の夜の2回にわたり、街頭募金を行いました。都心でも冷え込みが厳しい中、多くの方が募金をしてくださり、2回の合計は32,070円にのぼりました。あたたかいご支援に、心より感謝いたします。

師走の忙しい時期にもかかわらず、2回の街頭募金の間、多くの方が私たちの呼びかけに応えてくださいました。中には、手を伸ばして募金をした小さいお子さまやチラシを見て関心を持ちスタッフに質問をしてくださった方もいました。


また、25日の夜の募金では、社会人のボランティアの方も駆けつけ、参加。チラシを受け取ってくださる方も多く、街頭募金を通じて、より多くの方に日本にいる難民の状況を知っていただく機会となりました。

今回いただいたご寄付は、日本に逃れてきた難民の方の生活を支えるため、大切に活用させていただきます。
JARでは緊急支援のご寄付を引き続き募っています。引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。
*ご寄付はこちらから
*募金箱の貸し出しも行っています。詳細はこちらをご覧ください。

(2012年12月25日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。