本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ボランティア 講演・イベント  > チャリティTOEICセミナーを開催しました

チャリティTOEICセミナーを開催しました

toeicreport2012_02.jpg「自分のスキルを活かして難民支援に貢献したい」という高木直之氏の思いから始まったチャリティTOEICセミナー。4回目となる今年は、2日間の集中セミナーを開催し、のべ約30名の方が参加しました。

参加者の方がセミナーを知ったきっかけは、会社のイントラにあるチラシを見た方やインターネットで検索をして見つけた方など様々。難民支援協会(JAR)にとっては、新しい支援者の方とつながる場にもなっています。過去の受講生の中には、今回のセミナーの広報に協力してくださった方や、高木氏の講義を目当てにリピーターとなって参加してくださった方もいました。

2日間の講義では、高木氏がボランティアで講師を務め、動詞の活用や品詞問題など、弱点となりがちな分野に重点をおきながら、解説していきました。高木氏は、時には歌やユーモアをまぜながら、ポイントを押さえた講義を展開し、受講生の方も熱心に聞き入っていました。少人数のセミナーだったこともあり、休憩時間にも受講生の方から多くの質問が投げかけられました。

今回の受講料はJARが行う難民のための日本語教育支援に活用させていただきます。
このセミナーにご尽力くださった高木氏とかながわ湘南ローターリークラブの皆さまにこの場を借りて感謝いたします。

今後もJARではかながわ湘南ロータリークラブと共催でチャリティTOEICセミナーを開催する予定ですので、ぜひご期待ください。

●参加者の声
toeicreport2012_03.jpg楽しくて、あっという間だった
とてもユニークな授業で、飽きなかった
先生のたとえがわかりやすくて、記憶に残りやすかった
レベルに関係なく同じ目線で教えてくれるのがよかった
TOEICだけでなく、今後の英語学習のよいきっかけになった
チャリティを兼ねており、自分のためにも他人のためにもなるのでよかった


*「私たちの支援活動」高木直之氏のインタビューはこちら
*イベントの概要はこちら

(2012年7月17日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷