2011年2月20日-パルシステム東京にて体験型セミナー実施

パルシステム東京の組合向けイベントに招待いただき、難民理解のための体験型セミナーを実施しました。

パルシステム東京では、毎年平和について学び、伝え、交流する場として「平和のつどい」を開催しています。今年は、テーマが「難民」ということで、声をかけていただきました。

日本の難民について、今まであまり知る機会がなかった参加者が大半でしたが、たくさんの質問やコメントをいただきました。日ごろからさまざまなテーマで学び、実践されている方が多く、「自分たちに何が出来るか」という視点から考えた、具体的な提案などもありました。

最後には、理事の方から「知ることから始まる。難民については、今日が始めの一歩」という心強いメッセージをいただきました。新たな難民支援の輪が広がる貴重な機会となるセミナーでした。