本文へジャンプ

トップページ > JARとは

ミッション Mission

難民が新たな土地で
安心して暮らせるように支え、
ともに生きられる社会を実現する。

世界には、紛争や人権侵害などで故郷を追われる人がいます。
「難民」となる前は、仕事や家があり、大切な人たちとの日常がありました。
難民保護とは、人としての当たり前の日常が回復され、
一人ひとりが社会に受け入れられることだと、私たちは考えます。

難民を受け入れられる社会へ

難民を受け入れられる社会へ

日本に逃れてきた難民が保護されるために、難民保護の専門集団として、
難民一人ひとりの来日直後から自立に至るまでの道のりに寄り添います。
そして、難民を受け入れられる社会を目指し、個人、地域、企業、政府など、
社会を構成する人たちに働きかけます。

「難民」と「社会」。
私たちは、よりよい難民受け入れを目指し、それぞれに対して向き合います。

ミッション Mission

  • 法的支援LEGAL ASSISTANCE
  • 生活支援SOCIAL ASSISTANCE
  • 就労支援JOB ASSISTANCE
  • コミュニティ支援COMMUNITY ENGAGEMENT
  • 政策提言・ネットワークADVOCACY &NETWORKING
  • 広報活動PUBLIC RELATIONS

支援への取り組みFOUNDATION OF OUR WORK詳しくはこちら

JARは、母国を追われた難民が失った権利を回復することを目指し、支援に取り組んでいます。難民は、人として、また難民として、基本的な権利を持っています。たとえば、自由と安全が確保され、命の危険がある母国に送還されず、医食住等が保障され、家族が一緒に暮らせることなど、多岐に渡ります。
難民のように、支援が行き届きづらい人々を支援することは、JAR の事業の柱です。しかし同時に、難民は支援されるだけの人ではありません。支援を必要とする人はしっかりと支えられ、一方でそれぞれの持つ強みを活かして社会の一員となる、そのような未来を作ることを目指し、JAR は活動を展開しています。

詳しくはこちら

JARについて 活動レポート 寄付をする

※ この活動紹介ページは、平成24年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業で作成しています。