本文へジャンプ

トップページ > Hope for Refugees > 難民著名人 - 5 Famous Refugees

難民著名人 5 Famous Refugees

「難民」というと、「ネットカフェ難民」「就職難民」などの造語が真っ先に浮かびます。日本ではネガティブな意味で使われることが多いため、「難民」に対しても同じようにネガティブなイメージが先行するかもしれません。「難民」といっても、人権侵害や紛争などで故郷を追われるまでは、私たちと同じように仕事や家があり、家族との日常があった人々です。逃れた先で生活を建て直し、活躍している人も多くいます。えっこの人も?そんな5人をご紹介します。

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein
(1879-1955)

20世紀の天才科学者として知られるアインシュタインは、1879年にドイツで生まれました。5歳の時に父親から方位磁針をもらい、どんなに動かしても一方向を刺し続ける針を見て、物事の背後には深く隠された何かが存在するはずだということに気付いたといいます。 速く動くものは時間が遅く流れる、重いものの周りでは空間が歪む……。まるでSFファンタジーのような不思議な自然の摂理を、アインシュタインは人類ではじめて発見しました。1920年ごろから彼は一躍有名になり、講演会などで世界各国を飛び回りました。

しかしそのような彼の功績は、祖国ドイツではあまり称賛されませんでした。その理由は―、彼がユダヤ人であったからです。ドイツでは、1930年代になるとナチスが影響力を強め、ユダヤ人に対する迫害が激しさを増していました。身の危険を感じたアインシュタインは祖国を離れる決意をし、アメリカに渡りました。ナチスはアインシュタインの自宅を強制捜索した上で、彼を国家反逆者としました。 もしアインシュタインがアメリカに逃れることができなければ、彼の人生は強制収容所で終わっていたかもしれません。第二次世界大戦が終結するまでに、欧州では数百万人のユダヤ人が亡くなりました。

戦後アインシュタインは、「我々は戦争には勝利したが、平和まで勝ち取ったわけではない」として、差別の撲滅や核兵器の廃絶、世界政府の樹立といった活動に尽力しました。しかし、彼が生きている間にそれらの願いが実現することはありませんでした。

「人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」。アインシュタインが残した言葉の一つです。アインシュタインの死から今年で60年が経ちますが、彼が与えたものの価値は、まだ測られている途中なのかもしれません。

ワヒド・ハリルホジッチ Vahid Halilhodžić
(1952-)

サッカーが好きな方なら、彼のことをよくご存知だと思います。ハリルホジッチはボスニア・ヘルツェゴビナ出身のサッカー指導者。今年3月にサッカー日本代表監督に就任しました。

ハリルホジッチは、2014年のブラジルワールドカップではアルジェリア代表チームを率い、同国を初のベスト16に導きました。ベスト8争いでは優勝国ドイツ代表を延長戦まで追い詰めたものの敗退。あまりの悔しさに選手たちと抱き合って号泣したという、人間味あふれる人物です。

そんなハリルホジッチ、実は母国の内戦という苦しい経験をしています。1992年、「第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争」と言われるボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が勃発したのです。彼は戦争に反対でした。当時すでにサッカーチームの監督として活躍していた彼は、自分の顔が知られていたことを使って、自宅付近で始まった銃撃戦に割って入って止めようとしました。しかし結局自らが銃弾を受け、重傷を負ってしまいました。それでも彼は病床からテレビを通じて、戦争を止めるよう訴えました。

彼の発言は民族主義者の反感を買い、脅迫を受けるようになり、自宅も焼き払われてしまいました。やむを得ず彼は財産をなげうって、フランスに脱出しました。そしてフランスでサッカー指導者としてのキャリアを自力で再構築しました。

彼は「私の人生には困難な時代がありました。その中で私はサッカーが大好きになりました。サッカーのおかげで私の人生は素晴らしいものになりました」と語っています。苦しい時をサッカーと共に乗り越えた彼は、サッカーに並々ならぬ熱い思いを持っているのです。今回、縁あって日本代表監督に就任したハリルホジッチ。彼がこれから日本でどんなチームを作り上げていくのか、どんなサッカーを見せてくれるのか、楽しみです。

Photo by Clément Bucco-Lechat

フェードル・D・モロゾフ Feodor D. Morozoff
(1880-1971)

皆さんは、「モロゾフ」、あるいは「コスモポリタン製菓」のお菓子を食べたことはありますか?

これらの洋菓子メーカーは、どちらもフェードル・D・モロゾフというロシア人が生みの親。彼が1926年に神戸に開いた「モロゾフ洋菓子店」を源流としています。今でこそ日本には数多くの洋菓子メーカーがありますが、1926年当時の日本では、チョコレートはすべてヨーロッパからの輸入品。100%の関税が掛けられる超高級品でした。そこでモロゾフ氏は、神戸の市民たちが普通に食べられるチョコレートを作ろうと奮闘。開店から2年後には、僅かながらの利益も計上できるようになりました。その後、モロゾフ洋菓子店は経営方針の違いなどから2つに分かれ、それぞれ現在の「モロゾフ」と「コスモポリタン製菓(※)」となったのです。

さて、モロゾフ氏が日本にやってきた理由は、実はビジネスではありませんでした。彼は1917年のロシア革命で祖国を追われた、難民だったのです。

社会主義国家の樹立を目指すロシア革命では、多くの中産階級の市民が、財産の没収や粛正などの迫害にあいました。この迫害から逃れるため、数百万人のロシア人が国外へ脱出しました。裕福な商人であったモロゾフ氏も、迫害の対象となりました。彼は当時の状況を「大混乱と将来への不安で、家族の命を守るためにロシアを後にした」と語っています。
モロゾフ氏とその家族は、中国、アメリカを経由して、1922年に日本の神戸に移り住みました。そして、苦労を重ねながらも、夢であった菓子店を神戸に開いたのです。

当時、モロゾフ氏のように日本に渡来したロシア難民は、数千人いたと言われています。今でこそ日本は、難民鎖国と言われるほど難民の認定数が少ない国です。 しかし、難民条約すら存在していなかった大正時代に、数千人のロシア難民が日本で生活していたのです。そして中にはモロゾフ氏のように、外国文化の伝道師として活躍し、今日の日本にもその影響を残す人がいました。

※コスモポリタン製菓は2006年に自主廃業し、80年の歴史に幕を閉じました。

Photo by perry_marco

アンドルー・グローヴ Andrew Grove
(1936-)

アンドルー・グローヴの名前だけを聞いて、ピンとくる方は少ないかもしれません。しかし彼は、きっとあなたもお世話になったことがある、あの企業のCEOであった人です。

アンドルーは1936年に、ハンガリーのユダヤ人の家庭に生まれました。青少年期のアンドルーは、多くの困難に直面します。当時ハンガリーはナチスと協調関係にあったため、ユダヤ人は次々と強制収容所へ送られたのです。幸いアンドルーは、母親と共に知人にかくまってもらうことに成功し、そのまま終戦を迎えることができました。

しかし今度は、東西冷戦の波に飲み込まれていきます。ハンガリーは社会主義体制を採りますが、独裁的な政治に反発した市民が、1956年に大規模なデモを起こします。すると、これを鎮圧するためソ連が軍事介入。首都ブダペストの美しい街並みに戦車が走り、銃弾が飛び交い、数千人が亡くなりました。この混乱のさなか、当時20歳であったグローヴは難民支援団体のはからいで、アメリカに脱出しました。このとき彼のように国外へ逃れた難民は、20万人もいたと言われています。

アメリカに着いたとき、グローヴはわずかなお金しか持っていませんでした。しかしここから、アメリカの地で、彼の快進撃がはじまります。

彼は「勉強がしたい」という情熱に燃えていました。そこで大学に進学し、化学工学を学びます。さらに大学院に進学し、博士号を取得します。そして1968年、当時はまだ社員がたった2人であった半導体メーカー「インテル」に、3人目の社員として入社したのです。

インテルはその後急速に成長。グローヴは1979年に社長、1987年に社長兼CEO、1998年に会長兼CEOとなりました。半導体メモリー市場で敗北し一時は倒産の危機にあったインテルを、マイクロプロセッサー・ビジネスに方向転換して再生させ、世界トップの半導体メーカーとした彼を、ベンチャーキャピタリストとして名高いベン・ホロウィッツは、「偉大な戦時のCEO」としています(HARD THINGS)。

母国では度重なる政治的混乱に巻き込まれ、苦しい日々を送ったグローヴ。しかし、彼が移り住んだアメリカは、彼に能力を開花するチャンスを与えました。グローヴはそのチャンスを最大限に生かし、インテルという超一流企業を作り上げたのです。

Photo by the World Economic Forum

ワリス・ディリー Waris Dirie
(1965-)

ファッションショーのランウェイやブランドの広告を飾る、華やかなモデルたち。ワリス・ディリーもその一人。スラリとした長身と、透き通った優しいまなざしが印象的です。

トップモデルまで上り詰めるには、誰しも努力が必要です。しかし、ワリスの乗り越えてきた苦難は、人の想像をはるかに越えるものでした。

ワリスは1965年、ソマリアの遊牧民の家庭に生まれます。5歳のとき、通過儀礼として女性性器の切除および縫合(※)を受けます。それ以後、ワリスは排尿や月経のたびに、激痛に苦しめられます。13歳のとき、家畜と引き換えに60代の男性と結婚することを父親に決められます。結婚を嫌がったワリスは、母親の助けで逃亡することができ、砂漠の中を一人歩いて首都モガディシュへ行きます。そこから更に、母の妹のはからいで、ソマリア大使館のメイドとしてロンドンへ行くことになります。ロンドンでは路上生活も経験しますが、18歳のとき、アルバイト先のマクドナルドでファッションカメラマンに声を掛けられ、モデルとしてのキャリアをスタートさせます。

しかし、モデルとして活躍を始めてからも、ワリスは女性性器切除の精神的・身体的苦痛に苦しみました。ワリスは、「なにか納得できる理由があれば、自分にされたことを受け入れられるかもしれない」と、その理由を必死に考えました。しかし「考えても、一つも納得できる理由が見つからなかった」といいます。

1997年、ワリスは初めてメディアで、女性性器切除を受けたことを語りました。トップモデルという華やかな世界と、残酷な女性性器切除という二つの世界を、ワリスという一人の女性がつなげたことは、社会に大きな衝撃を与えました。そこから、女性性器切除に対する関心が急速に高まり、国際的な廃絶運動が巻き起こります。同年、ワリスは当時のアナン国連事務総長によって、女性性器切除廃絶のための国連大使に任命されました。ワリスの活躍によって、アフリカ地域では女性性器切除を禁ずる法律が成立するなど、廃絶に向けた動きが少しずつ進んでいます。

想像を絶する苦難を乗り越え、カメラの前で美しく輝き、人々を魅了してきたワリス。今彼女の活躍は、その美しさにあごがれる人たちだけでなく、性器切除に苦しむ人たちや難民の女性にとって、希望の光となっています。

※女性性器切除 / Female Genital Mutilation(FGM) 思春期までの女児の外性器を切り取る(または女性性器の一部に傷をつける)社会的慣習。アフリカ、中東、アジアなどの開発途上国で現在も行われている。貞操、純潔の象徴とされるが、切除により、性交や出産時に痛みと潜在的危険を伴うようになり、また、性感染症に感染する危険も増加するため、弊害は大きい。(国連人口基金東京事務所)

Photo by thesun.co.uk