本文へジャンプ

トップページ > 難民(なんみん)(かた)へ / For Refugees > 日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan > 医療(いりょう)

日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan

医療(いりょう)

2013/3/29更新(こうしん)

あなたとあなたのご家族(かぞく)健康(けんこう)はとても大切(たいせつ)です。(からだ)調子(ちょうし)(わる)いときは、ぜひ病院(びょういん)診察(しんさつ)()けましょう。ここでは、医療費(いりょうひ)外国語(がいこくご)による医療(いりょう)相談(そうだん)救急車(きゅうきゅうしゃ)()(かた)妊娠(にんしん)出産(しゅっさん)育児(いくじ)感染症(かんせんしょう)(こころ)健康(けんこう)(メンタルヘルス)の調子(ちょうし)(わる)いときについて、いくつか情報(じょうほう)紹介(しょうかい)します。

1)医療費(いりょうひ)について

(かね)がなくて病院(びょういん)にいけないと(おも)っている(ひと)

無料(むりょう)、あるいは(すく)ない金額(きんがく)診療(しんりょう)してくれる病院(びょういん)難民(なんみん)支援(しえん)協会(きょうかい)(JAR)が紹介(しょうかい)します。ぜひJARにご連絡(れんらく)ください。

難民(なんみん)事業本部(じぎょうほんぶ)(RHQ)の保護(ほご)()()けている(ひと)

→あなたにとって必要(ひつよう)治療(ちりょう)にかかる費用(ひよう)は、RHQがサポートしてくれます。RHQに相談(そうだん)しましょう。

仕事(しごと)をしている(ひと)特定(とくてい)活動(かつどう)ビザを()っている(ひと)

医療(いりょう)保険(ほけん)()れる可能性(かのうせい)があります。保険(ほけん)(はい)ると病院(びょういん)への支払(しはら)いが割引(わりびき)になります(通常(つうじょう)は7割引(わりびき))。地域(ちいき)によっては()どもの医療費(いりょうひ)全額(ぜんがく)無料(むりょう)になることもあります。そのかわり保険(ほけん)(はい)ると、毎月(まいつき)保険料(ほけんりょう)支払(しはら)必要(ひつよう)があります。

仕事(しごと)をしている(ひと)

就労(しゅうろう)許可(きょか)有無(うむ)関係(かんけい)なく、社会保険(しゃかいほけん)加入(かにゅう)できます。社会保険(しゃかいほけん)(はい)ると、あなたのご家族(かぞく)保険(ほけん)使(つか)えるようになることがあります。ぜひ会社(がいしゃ)(ひと)相談(そうだん)しましょう。あなたの給料(きゅうりょう)から保険料(ほけんりょう)支払(しはら)うことになります。

特定(とくてい)活動(かつどう)ビザを()っている(ひと)

国民(こくみん)健康保険(けんこうほけん)()れる可能性(かのうせい)があります。外国人(がいこくじん)登録(とうろく)をしている役所(やくしょ)相談(そうだん)してみましょう。もし、役所(やくしょ)()ったけれど()れなかった場合(ばあい)は、JARにご相談(そうだん)ください。

保険(ほけん)(はい)ることができない(ひと)、RHQの保護(ほご)()()けていない(ひと)

医療費(いりょうひ)はとても(たか)くなってしまいますが、それでもきちんと治療(ちりょう)()けることはとても大切(たいせつ)なことです。支払(しはら)いを分割(ぶんかつ)にして(すこ)しずつ支払(しはら)っていけるように病院(びょういん)相談(そうだん)してみましょう。JARも病院(びょういん)との相談(そうだん)をサポートします。

2)外国語(がいこくご)による医療(いりょう)相談(そうだん)

東京都(とうきょうと)医療(いりょう)機関(きかん)案内(あんない)サービス(ひまわり)

東京都(とうきょうと)医療(いりょう)機関(きかん)案内(あんない)サービス(ひまわり)」では、外国語(がいこくご)による医療(いりょう)サポートをしています。

医療(いりょう)情報(じょうほう)サービス

病院(びょういん)医療(いりょう)保険(ほけん)のことについて、外国語(がいこくご)英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国語(かんこくご)タイ(たい)()スペイン(すぺいん)())で電話(でんわ)相談(そうだん)できます。

TEL:03-5285-8181
毎日(まいにち):9:00AM-8:00PM
ウェブサイト:http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp

通訳(つうやく)救急(きゅうきゅう)サービス

緊急時(きんきゅうじ)病院(びょういん)などで電話(でんわ)通訳(つうやく)をしてもらえるサービスです(英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国語(かんこくご)タイ(たい)()スペイン(すぺいん)())。

TEL:03-5285-8185
平日(へいじつ)(げつ)(きん)):5:00PM-8:00PM
(つち)()祝日(しゅくじつ):9:00AM-8:00PM
ウェブサイト:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/sodan/komatta/gaikokugo.html

インターネットでの外国語(がいこくご)対応(たいおう)医療(いりょう)機関(きかん)検索(けんさく)サービス(日本語(にほんご)英語(えいご)

PC:http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp
携帯(けいたい)http://www.himawari.metro.tokyo.jp/kt/

AMDA国際(こくさい)医療(いりょう)情報(じょうほう)センター

「AMDA国際(こくさい)医療(いりょう)情報(じょうほう)センター」でも、外国語(がいこくご)による医療(いりょう)関連(かんれん)情報(じょうほう)提供(ていきょう)しています。

ウェブサイト:http://amda-imic.com/

センター東京(とうきょう)

電話(でんわ)番号(ばんごう):(相談(そうだん))03-5285-8088

対応(たいおう)言語(げんご)曜日(ようび)時間(じかん)
英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国語(かんこくご)タイ(たい)()スペイン(すぺいん)()毎日(まいにち)9:00〜20:00
ポルトガル(ぽるとがる)()(げつ)(すい)(きん)9:00〜17:00
フィリピン(ふぃりぴん)()(すい)13:00〜17:00
ベトナム(べとなむ)()(もく)13:00〜17:00

シェア=国際(こくさい)保健(ほけん)協力(きょうりょく)市民(しみん)(かい)

「シェア=国際(こくさい)保健(ほけん)協力(きょうりょく)市民(しみん)(かい)」では外国人(がいこくじん)のための医療(いりょう)電話(でんわ)相談(そうだん)無料(むりょう)健康(けんこう)出張(しゅっちょう)相談会(そうだんかい)をおこなっています。

医療(いりょう)電話(でんわ)相談(そうだん)

日時(にちじ)(げつ)(きん)10:00〜17:00
番号(ばんごう):050-3424-0195(直通(なおみち)
03-5807-7581(代表(だいひょう)
言語(げんご)日本語(にほんご)英語(えいご)
ウェブサイト:http://share.or.jp/

カトリック東京(とうきょう)国際(こくさい)センター(CTIC)

カトリック東京(とうきょう)国際(こくさい)センター(CTIC)では、難民(なんみん)のための無料(むりょう)医療(いりょう)相談(そうだん)(おこな)っています。事前(じぜん)予約(よやく)必要(ひつよう)になります。

日時(にちじ)(げつ)(きん)10:00〜17:00
番号(ばんごう):03-5759-1061
対応(たいおう)言語(げんご)日本語(にほんご)英語(えいご)タガログ(たがろぐ)()ポルトガル(ぽるとがる)()スペイン(すぺいん)()イタリア(いたりあ)()
ウェブサイト:http://www.ctic.jp/

APFS (AsianPeople’sFriendshipSociety)

「APFS (AsianPeople’sFriendshipSociety)」では、外国人(がいこくじん)のための無料(むりょう)生活(せいかつ)相談(そうだん)(ビザ、医療(いりょう)教育(きょういく)交通(こうつう)事故(じこ)、その(ほか))をおこなっています。

日時(にちじ)月曜(げつよう)金曜(きんよう)11:00-18:00
番号(ばんごう):03-3964-8739(相談(そうだん)には電話(でんわ)での予約(よやく)必要(ひつよう)です)
対応(たいおう)言語(げんご)日本語(にほんご)英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)朝鮮語(ちょうせんご)韓国語(かんこくご)タガログ(たがろぐ)()、ベンガル()ビルマ(びるま)()ペルシャ(ぺるしゃ)()、ウルドゥ()
URL:http://apfs.jp/

3)救急車(きゅうきゅうしゃ)()(かた)

緊急(きんきゅう)場合(ばあい)重症(じゅうしょう)のときには119(ばん)電話(でんわ)電話(でんわ)番号(ばんごう):119)をして、救急車(きゅうきゅうしゃ)()びましょう。日本語(にほんご)上手(じょうず)(はな)せない場合(ばあい)は、(ちか)くにいる(ひと)救急車(きゅうきゅうしゃ)()んでもらいたいとお(ねが)いしましょう。救急車(きゅうきゅうしゃ)無料(むりょう)病気(びょうき)(ひと)病院(びょういん)まで(はこ)びます(病院(びょういん)での医療費(いりょうひ)自分(じぶん)(はら)わなくてはなりません)。119(ばん)電話(でんわ)をすると消防署(しょうぼうしょ)につながります。電話(でんわ)(つう)じたらあわてず、(つぎ)のことをはっきりと(つた)えてください。

火事(かじ)ですか、救急(きゅうきゅう)ですか?
救急(きゅうきゅう)です。(救急車(きゅうきゅうしゃ)()んでいることを(つた)えます)
住所(じゅうしょ)はどこですか?
住所(じゅうしょ)(つた)えます。目印(めじるし)になる建物(たてもの)なども(つた)えましょう。
どうしましたか?
(なに)があったのか、病気(びょうき)のことや怪我(けが)のことを説明(せつめい)します。
電話(でんわ)番号(ばんごう)(おし)えて(くだ)さい。
かけている電話(でんわ)番号(ばんごう)(おし)えます。公衆(こうしゅう)電話(でんわ)番号(ばんごう)がわからないときは、公衆(こうしゅう)電話(でんわ)場所(ばしょ)(おし)えます。
あなたのお名前(なまえ)は?
あなたの姓名(せいめい)()いましょう。

4)妊娠(にんしん)出産(しゅっさん)育児(いくじ)

妊娠(にんしん)したと(おも)ったら、病院(びょういん)検査(けんさ)()けます。病院(びょういん)妊娠(にんしん)していることがわかった場合(ばあい)は、役所(やくしょ)母子手帳(ぼしてちょう)をもらうことができます。母子手帳(ぼしてちょう)は、ビザなどに関係(かんけい)なく、妊婦(にんぷ)であれば(だれ)でももらうことができます。母子手帳(ぼしてちょう)()けると、定期(ていき)検査(けんさ)割引券(わりびきけん)もついています。

出産(しゅっさん)のとき、国民(こくみん)健康保険(けんこうほけん)社会保険(しゃかいほけん)(はい)っている(ひと)は、保険(ほけん)のなかから出産(しゅっさん)のための一時金(いちじきん)()()り、そのお(かね)出産費(しゅっさんひ)(よう)支払(しはら)うことができます。

保険(ほけん)()く、生活(せいかつ)(こま)っている(ひと)は、入院(にゅういん)助産(じょさん)制度(せいど)という社会保障(しゃかいほしょう)利用(りよう)できる可能性(かのうせい)があります。役所(やくしょ)相談(そうだん)してもスムーズにいかない場合(ばあい)は、JARにご連絡(れんらく)ください。

()まれた()どもは、通常(つうじょう)3(さい)まで保健所(ほけんじょ)無料(むりょう)乳幼児(にゅうようじ)健診(けんしん)定期的(ていきてき)()けることができます。

5)感染症(かんせんしょう)

保健所(ほけんじょ)では結核(けっかく)、HIV/エイズ、B型(びーがた)肝炎(かんえん)C型(しーがた)肝炎(かんえん)、その(ほか)感染症(かんせんしょう)検査(けんさ)無料(むりょう)()けることができます。ただし、保健所(ほけんじょ)によって提供(ていきょう)している検査(けんさ)(こと)なるので、外国人(がいこくじん)登録(とうろく)している地域(ちいき)保健所(ほけんじょ)相談(そうだん)してみましょう。また、JARでもあなたが保健所(ほけんじょ)検査(けんさ)()けるためのサポートをします。

6)(こころ)健康(けんこう)(メンタルヘルス)の調子(ちょうし)(わる)いとき

日本(にっぽん)()(まえ)のつらい体験(たいけん)や、日本(にっぽん)でのつらい生活(せいかつ)のなかで、(こころ)健康(けんこう)(わる)くなるときがあります。自分自身(じぶんじしん)ではなかなか気付(きづ)かなくても、家族(かぞく)友人(ゆうじん)など(まわ)りの(ひと)気付(きづ)くことも(おお)いです。そうしたとき、ビザや保険(ほけん)などに関係(かんけい)なく(だれ)でも(すく)ない金額(きんがく)治療(ちりょう)()けられるようになる自立(じりつ)支援(しえん)医療(いりょう)という社会保障(しゃかいほしょう)があります。そのためにはお医者(いしゃ)さんからの書類(しょるい)役所(やくしょ)()手続(てつづ)きが必要(ひつよう)になります。JARでも手続(てつづ)きのサポートをしています。