本文へジャンプ

トップページ > 難民(なんみん)(かた)へ / For Refugees > 日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan > 日本語(にほんご)学習(がくしゅう)教育(きょういく)

日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan

日本語(にほんご)学習(がくしゅう)教育(きょういく)

I.日本語(にほんご)学習(がくしゅう)

日本語(にほんご)勉強(べんきょう)したいと(おも)っている難民(なんみん)(ほう)はたくさんいると(おも)います。
日本語(にほんご)会話(かいわ)ができないと仕事(しごと)()つけるのも(むずか)しいですし、学校(がっこう)での授業(じゅぎょう)はほとんどが日本語(にほんご)のために(とく)()み・()きができないと、授業(じゅぎょう)についていくのも(むずか)しいことになります。

日本語(にほんご)勉強(べんきょう)できるところには、民間(みんかん)日本語(にほんご)学校(がっこう)各地(かくち)自治体(じちたい)(おこ)なわれている日本語(にほんご)教室(きょうしつ)などがあります。
夜間(やかん)中学(ちゅうがく)夜間(やかん)学級(がっきゅう))の一部(いちぶ)では、教科(きょうか)学習(がくしゅう)(くわ)えて夜間(やかん)日本語(にほんご)学級(がっきゅう)設置(せっち)されています。日本(にっぽん)政府(せいふ)から難民(なんみん)として認定(にんてい)()けた(ほう)は、財団法人(ざいだんほうじん)アジア福祉(ふくし)教育(きょういく)財団(ざいだん)難民(なんみん)事業本部(じぎょうほんぶ)(RHQ)運営(うんえい)している国際(こくさい)救援(きゅうえん)センターに入所(にゅうしょ)して、初歩的(しょほてき)日本語(にほんご)勉強(べんきょう)やその(ほか)日本(にっぽん)社会(しゃかい)生活(せいかつ)していくにあたって必要(ひつよう)なことを半年間(はんとしかん)勉強(べんきょう)することができます。これは半年(はんとし)に1(かい)(4(がつ)・10(がつ))の入所(にゅうしょ)となります。
また、この(ほか)により高度(こうど)日本語(にほんご)教育(きょういく)希望(きぼう)される(ほう)難民(なんみん)支援(しえん)協会(きょうかい)までご一報(いっぽう)(くだ)さい。

1)民間(みんかん)日本語(にほんご)学校(がっこう)

日本語(にほんご)学校(がっこう)()くためには、授業料(じゅぎょうりょう)(はら)わなくてはいけません。授業料(じゅぎょうりょう)学校(がっこう)により(こと)なりますが、だいたい1年間(ねんかん)60(まん)(えん)ぐらいかかります。
全国(ぜんこく)日本語(にほんご)学校(がっこう)のホームページは以下(いか)のウェブサイトより日本語(にほんご)中国語(ちゅうごくご)英語(えいご)検索(けんさく)すことができます。

2)自治体(じちたい)による日本語(にほんご)教室(きょうしつ)

各地(かくち)自治体(じちたい)(おこ)なわれている日本語(にほんご)教室(きょうしつ)はお(かね)がほとんどかかりません。無料(むりょう)日本語(にほんご)教室(きょうしつ)もいくつかあります。東京(とうきょう)日本語(にほんご)ボランティアネットワークのホームページでは、東京都内(とうきょうとない)にある日本語(にほんご)教室(きょうしつ)検索(けんさく)することができます。

東京(とうきょう)日本語(にほんご)ボランティアネットワークのホームページ
このホームページ(じょう)にある「ボランティア日本語(にほんご)教室(きょうしつ)ガイド(S)」をクリックすると、都内(とない)に157ある日本語(にほんご)教室(きょうしつ)を、地域(ちいき)最寄(もよ)(えき)教室(きょうしつ)開催日(かいさいび)ごとに検索(けんさく)することができます。
東京都(とうきょうと)以外(いがい)にある日本語(にほんご)教室(きょうしつ)については、それぞれの自治体(じちたい)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)()()わてください。

3)より高度(こうど)日本語(にほんご)教育(きょういく)希望(きぼう)される(ほう)

日本(にっぽん)政府(せいふ)から難民(なんみん)として(みと)められた(ひと)で、より高度(こうど)日本語(にほんご)教育(きょういく)希望(きぼう)される(ほう)難民(なんみん)支援(しえん)協会(きょうかい)へご相談(そうだん)(くだ)さい。

難民(なんみん)定住(ていじゅう)支援(しえん)のためのビジネス日本語(にほんご)授業(じゅぎょう)無償(むしょう)
財団法人(ざいだんほうじん)国際(こくさい)教育(きょういく)振興会(しんこうかい)運営(うんえい)する日本語(にほんご)研修所(けんしゅうしょ)にて、難民(なんみん)定住(ていじゅう)支援(しえん)のためのビジネス日本語(にほんご)授業(じゅぎょう)無償(むしょう)提供(ていきょう)する(こころ)みが、2008年度(ねんど)(あいだ)試験的(しけんてき)開始(かいし)されました。

II.教育(きょういく)夜間(やかん)中学(ちゅうがく)

夜間(やかん)中学(ちゅうがく)夜間(やかん)学級(がっきゅう))は、(なん)らかの理由(りゆう)初等(しょとう)教育(きょういく)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう))を卒業(そつぎょう)していない(ひと)のための学校(がっこう)です。その一部(いちぶ)では、教科(きょうか)学習(がくしゅう)(くわ)えて夜間(やかん)日本語(にほんご)学級(がっきゅう)設置(せっち)されています。
日本(にっぽん)全国(ぜんこく)には34の夜間(やかん)中学(ちゅうがく)があります。関東(かんとう)地域(ちいき)では、東京(とうきょう)に8(こう)神奈川(かながわ)に6(こう)千葉(ちば)に1(こう)あります。難民(なんみん)(ほう)のなかでも、夜間(やかん)中学(ちゅうがく)勉強(べんきょう)をしている(ひと)はいます。

夜間(やかん)中学(ちゅうがく)への入学(にゅうがく)基準(きじゅん)はそれぞれの教育(きょういく)委員会(いいんかい)によって(こと)なりますが、原則的(げんそくてき)に15歳以上(さいいじょう)で、中学校(ちゅうがっこう)卒業(そつぎょう)していない(ひと)です。在留(ざいりゅう)資格(しかく)がなくても入学(にゅうがく)することができます。夜間(やかん)中学(ちゅうがく)授業料(じゅぎょうりょう)入学金(にゅうがくきん)必要(ひつよう)ありません。
夜間(やかん)中学(ちゅうがく)普通(ふつう)学校(がっこう)(こと)なり、夕方(ゆうがた)5()ぐらいから(はじ)まり、(よる)の9()ぐらいまで授業(じゅぎょう)があります。
(くわ)しくは(かく)自治体(じちたい)教育(きょういく)委員会(いいんかい)にお()()わせ(くだ)さい。

日本(にっぽん)全国(ぜんこく)夜間(やかん)中学校(ちゅうがっこう)がどこにあるのかは、アプロ21のホームページの「全国(ぜんこく)夜間(やかん)中学校(ちゅうがっこう)」で、しらべることができます。