本文へジャンプ

トップページ > 難民の方へ / For Refugees > 日本で生活するための情報 / Information for living in Japan > インターネットが使える所

日本で生活するための情報 / Information for living in Japan

インターネットが使える所

2013/3/29更新

インターネットを使って、情報を集めたり、家族や友達にEメールを送る難民の方はたくさんいます。
コンピュータを買って、インターネットのサービス契約をして、自分の部屋でインターネットを使う難民の方もいます。
インターネットカフェを利用する人もいます。ここでは、インターネットが使える場所をいくつか紹介します。

インターネットカフェ

インターネットカフェとは、インターネットを使うことができる、喫茶店や、カフェのことです。いろいろな種類のインターネットカフェがあります。会員制のインターネットカフェ(会員にならないと、インターネットが使えないところ)や、会員にならなくても、料金さえ払えば使えるインターネットカフェもあります。
料金は、最初の30分または1時間は決まった金額を払い、そのあとは10分ごとに、延長料金を50円ぐらい払います。最初に払うお金は、だいたい1時間500円ぐらいです。

インターネット以外にも、ゲームやまんがの置いてあるインターネットカフェもあります。インターネットを使うだけでなく、MO やCD-ROMを貸してくれるところもあります。まんが喫茶(沢山のまんがが置いてあり、コーヒーやお茶を飲みながら、好きなまんがを読むことができるところ)でも、パソコンが置いてあり、インターネットが使えるところもあります。

全国のインターネットカフェ」というホームページには、都道府県ごとに、いろいろなインターネットカフェが日本語と英語で掲載されています。
最近では、あちこちに新しいインターネットカフェがあるので、このホームページからインターネットカフェを探すだけではなく、友達や近所に住んでいる人にも、ちかくにインターネットカフェが使える場所がどこにあるのか、尋ねてみてください。
* 全国のインターネットカフェ: http://www.itagaki.net/pc/ic/

全国のインターネットカフェ」には「インターネットカフェを利用する際の注意」というページがあります。
このページにはインターネットカフェを利用するときに、どうやって個人情報を守るのかなどのセキュリティー対策が、説明されています。

図書館等の公共施設

図書館などにはインターネットが無料で利用できるところもあります。ぜひ、近くの図書館などで聞いてみて下さい。