本文へジャンプ

トップページ > 難民(なんみん)(かた)へ / For Refugees > 日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan > 自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)免許(めんきょ)

日本(にっぽん)生活(せいかつ)するための情報(じょうほう) / Information for living in Japan

自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)免許(めんきょ)

2013/3/29更新(こうしん)

1)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)()()

母国(ぼこく)(または外国(がいこく))で(くるま)運転(うんてん)をしていた難民(なんみん)(ほう)が、日本(にっぽん)国内(こくない)自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)するには、基本的(きほんてき)には、母国(ぼこく)(または外国(がいこく))で()った運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)を、日本(にっぽん)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)()()える必要(ひつよう)があります。
運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)()()えは、住民登録(じゅうみんとうろく)をした都道府県(とどうふけん)でしなくてはなりません。

1日本(にっぽん)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)への()()えの手続(てつづ)きの(さい)注意(ちゅうい)すること

  • ()()えは、母国(ぼこく)(または外国(がいこく))の運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)有効(ゆうこう)期限(きげん)()れる(まえ)(おこ)なわなくてはいけません。
  • 他国(たこく)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)取得(しゅとく)した場合(ばあい)は、その()に3ヶ月(かげつ)以上(いじょう)滞在(たいざい)したことが証明(しょうめい)できなくてはいけません。
  • 日本(にっぽん)では、(くるま)免許証(めんきょしょう)は18歳以上(さいいじょう)でなければ()れませんので、18歳未満(さいみまん)(ひと)は、母国(ぼこく)(または外国(がいこく))で、(くるま)運転(うんてん)していても、日本(にっぽん)免許証(めんきょしょう)()()えることはできません。

2日本(にっぽん)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)への()()えに必要(ひつよう)なもの

  • 有効(ゆうこう)期限(きげん)()れていない母国(ぼこく)(または外国(がいこく))の運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)
  • 運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)日本語訳(にほんごやく)

運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)日本語訳(にほんごやく)は、免許証(めんきょしょう)()った(くに)大使館(たいしかん)か、日本(にっぽん)自動車(じどうしゃ)連盟(れんめい)(JAF)が翻訳(ほんやく)したものでなくてはなりません。ふつう難民(なんみん)(ひと)はJAFに翻訳(ほんやく)をお(ねが)いしています。
JAFに翻訳(ほんやく)依頼(いらい)すると、3,290(えん)翻訳料(ほんやくりょう)郵送料(ゆうそうりょう)()み)がかかります。
JAFの外国(がいこく)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)翻訳(ほんやく)サービスについては、JAFホームページ(http://www.jaf.or.jp/)にある「国際(こくさい)業務(ぎょうむ)」のなかの「(そと)(めん)切替(きりかえ)のための翻訳(ほんやく)業務(ぎょうむ)」を参照(さんしょう)にしてください。JAFのホームページには、英語(えいご)による情報(じょうほう)もあります。

  • パスポート
  • 住民票(じゅうみんひょう)(うつ)
  • 4,150(えん)普通(ふつう)免許(めんきょ)試験(しけん)手数料(てすうりょう)2,400(えん)免許(めんきょ)交付(こうふ)手数料(てすうりょう)1,750(えん)=4,150(えん)
  • 写真(しゃしん)(まい)または2(まい)(3cm×2.4cm、白黒(しろくろ)()

*それぞれの公安(こうあん)委員会(いいんかい)によって、日本(にっぽん)運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)への()()えのために必要(ひつよう)書類(しょるい)(こと)なることがあるので、くわしくは各都道府県(かくとどうふけん)にある運転(うんてん)免許(めんきょ)センターにたずねてみてください。

3関東(かんとう)地域(ちいき)運転(うんてん)免許(めんきょ)センター

東京都(とうきょうと)
府中(ふちゅう)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
府中市(ふちゅうし)多摩(たま)(ちょう)3-1-1/電話(でんわ)042-362-3591
鮫洲(さめず)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
品川区(しながわく)東大井(ひがしおおい)1-12-5/電話(でんわ)03-3474-1374
江東(こうとう)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
江東区(こうとうく)新砂(しんすな)1-7-24/03-3699-1151
茨城県(いばらきけん)
茨城県(いばらきけん)自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
東茨城郡(ひがしいばらきぐん)茨城町(いばらきまち)長岡(ながおか)3787-3/電話(でんわ)029-293-8811
群馬県(ぐんまけん)
群馬(ぐんま)総合(そうごう)交通(こうつう)センター
前橋市(まえばしし)元総社町(もとそうじゃまち)80-4/電話(でんわ)027-253-9300
栃木県(とちぎけん)
栃木県(とちぎけん)自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
鹿沼市(かぬまし)下石川(しもいしかわ)681/電話(でんわ)028-976-1551
埼玉県(さいたまけん)
埼玉県(さいたまけん)警察(けいさつ)運転(うんてん)免許(めんきょ)センター
鴻巣市(こうのすし)大字(おおあざ)鴻巣(こうのす)405番地(ばんち)の4/電話(でんわ)0485-43-2001
千葉県(ちばけん)
千葉県(ちばけん)運転(うんてん)免許(めんきょ)センター
千葉市(ちばし)美浜区(みはまく)浜田(はまだ)2丁目(ちょうめ)1(ばん)/電話(でんわ)043-274-2000
流山(ながれやま)運転(うんてん)免許(めんきょ)センター
流山市(ながれやまし)前ケ崎(まえがさき)217/電話(でんわ)0471-47-2000
神奈川県(かながわけん)
神奈川県(かながわけん)運転(うんてん)免許(めんきょ)試験場(しけんじょう)
横浜市(よこはまし)旭区(あさひく)中尾(なかお)2-3-1/電話(でんわ)045-365-3111

2)(くるま)保険(ほけん)について

(くるま)保険(ほけん)には、おもに自動車(じどうしゃ)損害(そんがい)賠償(ばいしょう)責任(せきにん)保険(ほけん)自賠責(じばいせき)保険(ほけん))と任意(にんい)保険(ほけん)の2つの種類(しゅるい)があります。

1自動車(じどうしゃ)損害(そんがい)賠償(ばいしょう)責任(せきにん)保険(ほけん)自賠責(じばいせき)保険(ほけん)

道路(どうろ)(はし)るすべての(くるま)は、自賠責(じばいせき)保険(ほけん)加入(かにゅう)していなくてはいけないと法律(ほうりつ)によって()められています。自賠責(じばいせき)保険(ほけん)証明書(しょうめいしょ)(かなら)(くるま)につんでなくてはいけません。自賠責(じばいせき)証明書(しょうめいしょ)をクルマに()んでいないと、それだけで30(まん)円以下(えんいか)罰金(ばっきん)をとられるので、注意(ちゅうい)してください。
自賠責(じばいせき)保険(ほけん)は、(くるま)運転(うんてん)して交通(こうつう)事故(じこ)をおこしたときに、事故(じこ)被害者(ひがいしゃ)(たす)けるためのものです。自賠責(じばいせき)保険(ほけん)事故(じこ)被害者(ひがいしゃ)(はら)われる賠償金(ばいしょうきん)最高額(さいこうがく)は、被害者(ひがいしゃ)()んでしまった場合(ばあい)は3,000(まん)(えん)事故(じこ)によって被害者(ひがいしゃ)(おも)障害(しょうがい)(のこ)ってしまった場合(ばあい)は4,000(まん)(えん)傷害(しょうがい)場合(ばあい)は120万円(まんえん)()められています。
自賠責(じばいせき)保険(ほけん)事故(じこ)被害(ひがい)にあった(ひと)(たす)けるための保険(ほけん)なので、以下(いか)のような損害(そんがい)には保険(ほけん)使(つか)えません。

  • 自分(じぶん)()()こした事故(じこ)で、自分(じぶん)怪我(けが)をした。
  • 事故(じこ)()こして、(ほか)(しゃ)やもの((たと)えば、ガードレールや(ひと)(いえ)(かべ)など)をこわした。

2任意(にんい)保険(ほけん)

任意(にんい)保険(ほけん)は、自賠責(じばいせき)保険(ほけん)では、カバーされない部分(ぶぶん)をおぎなうための保険(ほけん)です。(たと)えば、任意(にんい)保険(ほけん)では、以下(いか)のようなことも補償(ほしょう)されます。

  • (くるま)事故(じこ)()こして、(ひと)をけがさせたり、死亡(しぼう)させてしまったために(はら)わなければいけないお(かね)(がく)が、自賠責(じばいせき)保険(ほけん)限度額(げんどがく)()えたとき
  • 自分(じぶん)()()こした事故(じこ)で、自分(じぶん)がけがをしたとき
  • 事故(じこ)()こして、(ほか)(しゃ)やもの((たと)えば、ガードレールや(ひと)(いえ)(かべ)など)をこわしたとき

任意(にんい)保険(ほけん)には、いろいろな種類(しゅるい)があります。また、保険料(ほけんりょう)も、性別(せいべつ)年齢(ねんれい)(いま)までに事故(じこ)()こしたことがあるか、交通(こうつう)違反(いはん)をしたことがあるかなどによって(こと)なります。
自分(じぶん)にあった保険(ほけん)(えら)ぶためにも、(くるま)運転(うんてん)する日本人(にほんじん)のともだちにたずねたり、ひとつの保険(ほけん)会社(がいしゃ)だけではなく、いくつかの保険(ほけん)会社(がいしゃ)電話(でんわ)などをしたりして、いろいろと情報(じょうほう)(あつ)めてみてください。

自賠責(じばいせき)保険(ほけん)とは(こと)なり、任意(にんい)保険(ほけん)絶対(ぜったい)(はい)らなくてはいけないというものではありません。
けれど任意(にんい)保険(ほけん)(はい)っていると、事故(じこ)()こしたときに、保険(ほけん)会社(がいしゃ)相手(あいて)との交渉(こうしょう)をしてくれたり、いろいろな利点(りてん)があるので、任意(にんい)保険(ほけん)加入(かにゅう)することをおすすめします。

3)もし、交通(こうつう)事故(じこ)にあったら

(かなら)警察(けいさつ)(110(ばん))に電話(でんわ)をして、事故(じこ)現場(げんば)()てもらうようにしてください。(すこ)しだけぶつけてしまったというような場合(ばあい)(かなら)連絡(れんらく)します。警察(けいさつ)連絡(れんらく)をしないと、保険(ほけん)会社(がいしゃ)保険金(ほけんきん)請求(せいきゅう)するときに必要(ひつよう)な「交通(こうつう)事故(じこ)証明書(しょうめいしょ)」が発行(はっこう)されない場合(ばあい)があります。

けがをしている(ひと)がいるときは、救急車(きゅうきゅうしゃ)(119(ばん))を()びます。
救急車(きゅうきゅうしゃ)()(かた)がわからない(ひと)は、「医療(いりょう)」にある、「3)救急車(きゅうきゅうしゃ)()(かた)」を参照(さんしょう)してください。
事故(じこ)にあって、自分(じぶん)がけがをしたときに、興奮(こうふん)していてあまり(いた)みを(かん)じないということはよくあります。「あまり(いた)くないから、大丈夫(だいじょうぶ)」と(おも)わないで、けがをしたときには、救急車(きゅうきゅうしゃ)病院(びょういん)(はこ)んでもらいましょう。救急車(きゅうきゅうしゃ)病院(びょういん)(はこ)んでもらうのに、お(かね)はかかりません。