本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > スタッフ採用説明会:ファンドレイジング担当

スタッフ採用説明会:ファンドレイジング担当


現在、難民支援協会(JAR)は、いくつかのポストで採用募集を行っていますが、この度、ファンドレイジング担当スタッフ募集についてご関心をお持ちの方を対象に、説明会を開催します。
*本ポジションの募集詳細はこちら

日本には、多くの難民が保護を求めて逃れてきています。日本に逃れてきても、難民として保護を受けるためには多くの困難を乗り越えなければなりません。特に来日直後でだれにも頼ることができない難民は、困窮しホームレスになり、身心の健康を害してしまうこともあります。

私たちの事務所には多くの難民が来ており、さまざまなスキルを持ったスタッフが一人ひとりに寄り添いながら支援を進めています。支援を続けるためには、専門性を持ったスタッフが長く経験を積み、またオフィスなどを維持する必要があります。そのための資金を確保するのが、「ファンドレイジング」です。
難民支援協会は年間1億5千万円以上の支出があり、この費用の過半を多くの方々からのご寄付でまかなっています。この業務をさらに充実させるため、私たちはファンドレイジング担当スタッフを募集しています。

しかし、
・NGO/NPOで働くことって、どういうことなのだろう?
・難民支援協会って、どんな職場なんだろうか?
・どういうことがスタッフには必要とされるのだろうか?
などなど、さまざまな疑問があるのではないかと思います。

この度、このような疑問に応えるために、説明会を開催します。私たちがどういうチームで、どのような業務をしているのかを知っていただき、応募するかどうかを判断する一助となれば、と考えています。
参加者の皆さんからのご質問をいただく時間ももうけています。まずは気軽にいらしてください。ご参加、お待ちしています。


当日お話しする内容

・難民支援協会が目指していること、解決しようとしていること
・ファンドレイジング担当の業務
・難民支援協会という職場について
など

当日お話しするスタッフ

・吉山 昌(広報部マネージャー / 事務局長)
学生時代にアムネスティ・インターナショナル日本支部(大阪事務所)に勤務。そこで当時の職員等と共に難民支援協会設立に参画。その後、経営コンサルティング会社勤務の傍ら難民支援協会の理事職を続け、2011年6月より常勤職員となる。事務局次長を経て現職。

・伏見和子(広報部スタッフ)
fushimi_300.jpg大学院にて比較政治を専攻後、2012年より難民支援協会(JAR)広報部スタッフ。メディア対応・支援者サービスを担当。難民支援の現場と支援者をつなぐ広報チームを目指しています!

そのほかの広報部スタッフも、参加予定です!

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。